2008年4月 6日 (日)

リカちゃん鉛筆~フィルム転写印刷・修正追記あり/コーリン鉛筆(COLLEEN)

一見、平凡なキャラクターもの鉛筆。でも、コーリン鉛筆の歴史を知る上の資料となるのがこちらのリカちゃん鉛筆。
コーリン鉛筆 りかちゃん
コーリン鉛筆 りかちゃん 実はこれは自分のコレクションではなく、他の方から写真を頂いたもの(こちらでの紹介もご許可いただいています)。
これのどこが資料になり得るかというと…。


ポイントは2つ。

■1:製造されたのは平成9年9月コーリン自社工場である可能性大
品番のX09Iは、X=コーリン自社工場、09=この場合は平成9年、I=9月を表す(平成9年=20071997年)。で、この製造年月が問題

■2:フィルム転写という印刷技術を使っている模様

1についてはちょっと疑問なのです。というのも、コーリン鉛筆は20071997年3月に和議申請、同年5月に倒産していますので、普通に考えるとそれ以後の9月にコーリン自社工場からモノが出てくるというのはおかしいわけで…。普通だと私の品番解読に誤りがある、ということになります。
が、コーリンの場合、そうとも言い切れない部分がありまして。倒産後も、旧経営陣がしばらくの間少ない人数になってしまいながらも、どこかで工場を操業してたようなので。…1997年9月に発売された日経某誌のとあるコーナーに、当の旧経営者がそう語っている記事を見つけました。信じていいものかどうかあれなんですが…ごにょごにょ…。いつまで存続していたかは分かりませんけども、そこから出てきたのかなぁと。どうなんだろう。
まあ、そんなように、倒産時のあれこれをいやがおうにも考えさせる&文章の歯切れを思い切り悪くさせる罪な子なのですよ、この商品は(苦笑)。

で、肝心なのは2です。1995年ごろから鉛筆界で使われるようになった新手法、「フィルム転写」のハシリであったようなのです。リカちゃん部分を拡大するとよく分かります。
コーリン鉛筆 りかちゃん 画像をクリックして見てください。じ~っとみると…りかちゃんの背景部分や髪の毛、お肌あたりが、網目のようになっているのが分かるでしょうか?これがフィルム転写です。コーリン鉛筆も、きちんと当時の技術をキャッチアップしてた(当たり前か^^;)証拠になるかと思います。

…ええと、多分合ってる…ハズ。万が一認識違いがあったら、ご指摘くださいm(_゛_)m


フィルム転写が出てきたんで、次回は、もう一つの方法ともからめて、ちょいと鉛筆の印刷について書いてみます。




---
本文とは少しずれてしまうのですが、コーリン鉛筆物を集めることについての、私にとっての意味をお話しますね。
時折、複数の方から、「そんな集めるばっかりしないで使ってあげなよ」と指摘を頂きます。モノが生まれてきた意味を考えると、使ってあげなきゃいけない。その通りなんです。なので、ご指摘頂く度にちょっぴり心が痛みます。ただ、私には、コーリンを知りたいという目的がありまして。…自分でも、えらい変わってるもの好きやなぁと思いますが(苦笑)。子供のころ、あの邪悪な三角顔にガツーンといわされたもんでどうにもこうにも…。だってすごいじゃん、あの顔。トラウマですよヽ(`Д´)ノ
それはともかく。
現存している企業ならいいのですが、既に倒産しており、また社史や製品史のような存在も確認できていません(後年のカタログ情報は手に入れましたが)。そうなると、効率が悪いのですが、数を集めて、そこからあれこれ推測していく、という方法を採るしかなく。今でこそ、コーリン鉛筆の元関係者の方々とコンタクトを取れるようになりましたが、その方々もすべての歴史を商品をご存知というわけではないので、やはり、手がかりになるのはモノです。というわけで、せっかく生まれてきたのに使ってあげれないのはしのびないのですが、たくさん集めていっているという訳。もちろん、全部を仕舞っているというのでもないです。使わなければそのモノの持つ特性を知ることはできませんから、複数集まれば、それはきちんと使います。複数を・現在進行形で、です。

そういうわけなんで、たくさん集めてても薄目&生ぬるい目で見守って下さい。わが家人よ!(笑) そして、変わった趣味でごめん、わが家人よ…。ほんとゴメン。えへ☆


------
2008.04.29(火)追記
Kiripenさんからコメント欄でご指摘いただいていた、平成9年の西暦変換がおかしい個所を直しました。平成9年=1997年ですよね^^; 何を思って間違えたのか…もっとしっかりします(汗)。




| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

スポーツシリーズ-レスリング編- No.753/コーリン鉛筆(COLLEEN)

野球編、サッカー編に続いて第三弾、そしてスポーツシリーズ最終のレスリング編です。
Colleenpencilfun_040_7
Colleenpencilfun_040_8













Colleenpencilfun_040_9













すいません、私、レスリングについてはほぼ何も知らないのです。こちらを見たりしてみたのですが、何がなにやら…。(>>日本レスリング協会公式ホームページ)戦後のオリンピックでは、柔道と並んでメダルを取り続けている(色はともかく)ってことだけは分かりました。すごい!…友人の知人に大学レスリングをしている方がいらっしゃるそうなので、一度話を聞いてきます。

さて、次回は、鉛筆を少し離れて、シャープペンシル関連をエントリーしていくつもりです。待ちきれないぜ!という方は、NIKICHIさんのサイトをご覧ください。貴重な資料満載ですヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

スポーツシリーズ-サッカー編- No.752/コーリン鉛筆(COLLEEN)

コーリン鉛筆スポーツシリーズと言いながら、9月末のエントリーからしばし放置しておりましたが。本日復活。前回は野球編、そして今回はサッカー編。
そして…絵を描かれた方の目星がつきました。星…これヒントだったりします(笑)。まずはサッカー編の鉛筆から。
コーリン鉛筆 コーリン鉛筆














コーリン鉛筆













品番:752 硬度:HB 値段:240円
発売時期:? 木軸直径:--mm 芯直径:--mm

さて、イラストを描かれたのは、たぶん、この人。『巨人の星』を描かれた、川崎のぼるさん。某オークションを覗いていたら、『荒野のイサム』の絵柄が入ったコーリン鉛筆に、『川崎のぼる/山川惣治』と説明が書いてあり(絵柄は全く同じ…に見えます)、そこからたどって調べて得たmy結論でございます。たぶん合ってる、ハズ。
小松崎茂さんイラストの色鉛筆と言い、高橋真琴さんと言い、コーリン鉛筆は錚々たるイラストレーター・漫画家さんを起用してたんですねぇ。こういったキャラクター物のコーリン鉛筆は、本音をいうと、さほど熱心に集めたり調べたりはしてなかったのですが、これらを知ることは昭和初期~中期の漫画・イラストを知るよい機会になりました。今となっては大満足。

で、野球編でtoruさんにご質問いただいてた印刷についてですが。オフセット印刷で間違いないっぽいです。最近、(ほんといまさらですけど)きちんと区別つくようになりました。
今、目の前にオフセット印刷した鉛筆と熱転写の鉛筆があります(コーリンとは違う、新しいもの)。どちらもパール塗装を下塗りにして、その上にイラストが描いてあります(こういうの流行ってんですねー。近所の子供向け文具屋にたくさん置いてありました)。どっちがどっちか、一目瞭然だ^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

スポーツシリーズ-野球編- No.751/コーリン鉛筆(COLLEEN)

ここのところ子供用鉛筆のエントリーが続きます。これは結構古めのコーリン鉛筆。スポーツシリーズもののかきかた鉛筆です。まずは野球編から…。
コーリン鉛筆 品番:751 硬度:HB 値段:240円
発売時期:? 木軸直径:--mm 芯直径:--mm

パッケージ表面はピッチャー。

裏面はもちろん、
コーリン鉛筆







バッター。打ってます。

ああ、惜しいかな、値札がトンボ鉛筆のものです('・ω・`)
きちんとコーリン鉛筆verの値札も存在するんですけどね。こちらご参照ください

鉛筆本体はこんなかんじ。頭付けのないタイプ。写真では確認できませんが、実物は割と細かなところまで印刷で表現されています。
さて、この絵柄、作者さんはどなたでしょうか。わかる方、いらっしゃいませんか?
コーリン鉛筆





余談ですが、先日、地味ぃ~にアクセス数が30,000を突破しました。いつも見に来てくださる方、今日が初めての方、皆さんのお陰です。ありがとうございます。これからもコーリン鉛筆を発掘しつつ、たくさんの謎(?)を解いていければと思います。どうぞよろしくお願いいたしますm(_゛_)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

赤胴鈴之助の鉛筆/コーリン鉛筆(COLLEEN)

明日に控えた子供の日にちなんで、キャラクター物のご紹介。と言っても、昔子供だった人向けのキャラクターなのですが^^;
赤胴鈴之助の鉛筆です。なぜコーリン鉛筆が赤胴鈴之助の鉛筆を出していたかと言うと、ラジオドラマ版「赤胴鈴之助」のスポンサーだったからだそうです。
コーリン鉛筆 赤胴鈴之助品番:75 硬度:HB 値段:20円(3本)
発売時期:1957年以降 木軸直径:--mm 芯直径:--mm
※後ほど計測してUPします。コーリン鉛筆 赤胴鈴之助










ラジオドラマの赤胴鈴之助が始まったのが、どうやら昭和32年3月(1957年)。その後すぐに(同年4月)日本水産がメインスポンサーになったようです。ただ、完全にコーリン鉛筆がスポンサーを降りたわけではなく、日曜日の枠のみ、少年画報社とともに、その役を担っていたようです。

コーリン鉛筆 赤胴鈴之助 コーリン鉛筆 赤胴鈴之助   

子供向け商品だからでしょうか?「こーりんえんぴつ」と全て平仮名で、丸い書体で書いてあります。
鉛筆表面はパール加工してあります。

赤胴鈴之助のほかに、コーリン鉛筆がスポンサーを務めていた番組はあったりするんでしょうか?ご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

サンリオ リトルツインスターズ鉛筆/コーリン鉛筆(COLLEEN)

コーリン鉛筆の商品を集めていると、ついつい古い時代のものに惹かれ、ともすれば古ければ古いほど良い、という気になってしまうのですが、きちんとコレクションをするためには、時代に関係なく満遍なく集めておかねばいけません。…という自省を込めて^^;、今回はサンリオリトルツインスターズ鉛筆をご紹介。リトルツインスターズという名前よりは、キキララとして有名なキャラクターです。

Colleenfun_055_1 ▲サンリオ Little Twin Stars(キキララ)鉛筆
品番:3450-TS 硬度:HB 
値段:600円 発売時期:1991年

1991年と、新しい商品です。とは言うものの、15年前だったりしますが。

続きを読む "サンリオ リトルツインスターズ鉛筆/コーリン鉛筆(COLLEEN)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)