2010年12月11日 (土)

イタリコテープディスペンサー(No.TD12)/コーリン鉛筆(COLLEEN)

随分ご無沙汰をしていた上に、予告と違う商品のエントリーでごめんなさい。この間も旧コーリン商品をちまちまと集めてはいたのですが、主に自力収集ではなかったことと、古い鉛筆についてとてもお詳しい方がいらっしゃること、引越しによりコレクション品のほとんどを別場所で保管していること等で、ブログから遠ざかっておりました。やはり、旧コーリン製品に特化した場所は無くてはならないだろうと思い直した次第。

ということで、こちらのブログもちゃんと更新してまいります。

では早速タイトル商品のご紹介!

Colleenfun_196_1_2


品番:TD12※ 値段:1800円※
発売時期:1987年より前~1997年

1995年のカタログではイタリコシリーズとして掲載されていますが、当初はこれ単体での発表だったのではないかと推測しています。
というのも、こちらの商品は1987年にグッドデザイン賞を受賞。同年にイタリコシリーズが発表となっています。この商品がまずあって、イタリコシリーズが出来た時に、色を変えてイタリコシリーズに組み込んだと理解するのが自然でしょう。また、※グッドデザイン賞受賞時には、「SUGATA-TD3」として発表されていました。受賞時価格は2,000円。デザインは株式会社アンノ・オフィスさん。
グッドデザイン賞ページはこちらです

カタログはこちら。

Colleenfun_196_5_2


▲1995年のカタログ。1996年カタログにも掲載されています。



Colleenfun_196_2_2


▲背面。左に小さく写っているシールには、「TD-12 1800 JAPAN」「■▲●ALPHAX」と記載されています。

Colleenfun_196_3_2


▲画像がぼけてしまいましたが、底面にはきちんと滑り止めが。もっともけっこうな重量がありますので(1kg未満)、滑り止めがなくても問題はなさそうです。

Colleenfun_196_4_2


▲テープを装着したところ。カッコいいのはもちろんですが使いやすさ抜群です。もったいないと思いながらも、最近はこればかり使っています。

さてこの商品、評判がいいのか、時折Yahooや楽天オークションで出品されています。…が、高い!オークション開始価格が1万円を超えていることもしばしばです。これまで出品されているのを見かけては、その高さに指を咥えているだけだったのですが…(そしてそういう時は「色が好みじゃないしー」「状態がいまいちっぽいしー」などと理由をつけてあきらめていました。すっぱい葡萄とはまさにこのことです。笑)。今回、よぽけん日誌の所長・どら様にご協力を頂き、好みの色の、状態のよい品を入手できました。心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

 

「SUGATA-TD3」でのgoogle検索結果はこちらから

 

久々のエントリーなのでなんだか調子が戻りません(苦笑)。
次回はもう少し読み応えのある記事に!(と自分でハードルをあげてみるw)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

イタリコシリーズ ボールペンBP104-IT/コーリン鉛筆(COLLEEN)

NOMADEさんから昨日頂いたばかりの、コーリン鉛筆・私にとっては初のイタリコシリーズもの。こんなにコーリン物を集めていながら何故かイタリコには縁がなかったので、すーーっごく嬉しいです♪♪ NOMADEさん、ありがとうございますm(_゛_)m 大切にします! あ、ペン先をあっためたら、きちんと書けるようになりましたこともご報告。

コーリン鉛筆 イタリコ シリーズ品番:BP104-IT 値段:1本100円
発売時期:?~1997年
名入れ対象商品でもありました。

▼イタリコの特徴が良く出ている部分をアップ
Colleenpencilfun_162_02
▼分解っ
コーリン鉛筆 イタリコ シリーズ

イタリコシリーズとは、昭和62年(1987年)2月から倒産までの約10年間、展開されていたブランドです。コンセプトはこちら、カタログを見て頂いた方が早いです。(←説明下手なんで、すぐ画像に頼るタイプ^^;;)
コーリン鉛筆 イタリコ シリーズイタリコ
太陽、海、
ひまわり、オリーブ、
そんなイタリアの風邪を感じるブランド
それが"イタリコ"。
『明るく・元気に・楽しく』をテーマに
遊び心あふれる
陽気なブランドになりました。


製品カラーには、赤・緑・黄色・青それに黒を使用。
私は実はこのカタログ写真を見るまでは、本シリーズのことは全く知らなかったのですが、四次元ポケット研究所のどらさんは、こちらのシリーズを集めていらっしゃるそうです。4月8日のエントリーでは替え芯を掲載してらっしゃいまして、羨ましく拝見しておりました。(他にもたくさんお持ちのご様子。見たい…じゅるり)
他にもイタリコシリーズをお持ちの方はいらっしゃいます。

●Stationary Cripのluckymarinoさん
 ブルーが目にも鮮やかな、キレイなラインのMP
●tsulogのtsuさん
 87年グッドデザイン賞、98年はロングライフデザイン賞受賞のテープカッター(実はこれもイタリコシリーズ!)

どちらも貴重なものなので、ぜひぜひ見てみてください!
特にテープカッターは、実際に使用されてる写真もあったりして、感激です。(使われてるのを見ると嬉しくなるんですよね、何故か)。



イタリコシリーズの品目だけ挙げておきます。けっこう沢山あったんですねぇ。タイプする手が疲れました(大げさっ)
 ・MP
 ・BP
 ・鉛筆
 ・ミニ色鉛筆←どらさん、好きそうな感じ!
 ・ロケットペンシル
 ・いろいろペン
 ・修正ペン
 ・スティックペン
 ・定規
 ・レターセット
 ・メモ,ノート
 ・スケジュール帳
 ・テレフォンリスト
 ・紙袋
 ・ステープラー
 ・ファイル
 ・スティックのり
 ・合成のり
 ・ハンディ削り器
 ・手動鉛筆削器←シャチハタから販売されているFaberの鉛筆削器とよく似てます
 ・シャープ替芯
 ・カンペンケース
 ・平型ぺンケース
 ・筒型ペンケース
 ・消しゴム
 ・ノック式消しゴム←コーリンも出してたんですね
 ・紙巻消しゴム←!!
 ・テープディスペンサー←上部でご紹介したtsuさん、マウント部分をなくされたそうです。マウント部分だけをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

これ以外にも、小物入れやらファイルボックスなどもあった模様。幅広く展開してたんですね。力入れてたんだろうなぁ。それなのに、それなのに…。・゚・(ノД`)・゚・。

皆さん、どこかでこの派手な配色のイタリコ君たちを見かけたら、お家に連れて帰ってあげてください。そして、「迷子確保したよ!」と私に教えてくださると、カエル飛びしながら喜びます、私が(笑)。あ、それと、テープディスペンサーのマウント部分を見かけたら、前述のtsuさんに連絡してあげてくださいまし。

special thanks:NOMADEさん


---------------
2007.06.04夜 追記
▼ミニ色鉛筆(上)といろいろペン(下)
 (画像が粗くてごめんなさい)
コーリン鉛筆 イタリコ シリーズ

| | コメント (8) | トラックバック (0)