« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年2月27日 (金)

チーク材 色鉛筆スタンド/コーリン色鉛筆(COLLEEN)

現在コーリン色鉛筆WEBショッピングページでは在庫切れですが(近々入荷予定)、チーク材の色鉛筆スタンドが3つほど我が家にあります。

引越しを機にインテリアのカラーを一新しようと、柔らかなクリーム色の壁に対し家具等はダークブラウンにこだわりました。デザインも極力シンプルなものを選び落ち着いた色の心地よい部屋、密林の中に建つシックなリゾートホテルのほのかに暗いロビーのような落ち着きを目指して。まあ薄目で見ればそう思えなくもないかな?という部屋になり、いつも一輪だけ白い花を飾って楽しんでいたわけです。

でもねぇ、それだけじゃどこか寂しい。潔い印象はあるけども、なんとなく落ち着きすぎる…。と思っていたときにこの色鉛筆スタンドが来たのです。

チーク材の重厚さと、あえて手を加えすぎない、エイジングを楽しめる仕上げが施された木肌の素朴さが微妙に交じり合い、そこに加わる優しい曲線が織り成す独特の存在感。
これに色鉛筆を立てると全体のフォルムが上に伸び、また違った表情になります。
そして、立てる色鉛筆の色合いによって、シックになったり華やかになったり変化(へんげ)するのです。
これが楽しくて、時々、デスクではなく普段は花を飾る場所に移動させ、モノトーンやシルバー・ゴールドの色鉛筆を刺してみたり、赤やオレンジ・黄色を12本集めてみたり、ブルーのグラデーションを並べてみたりしています。
磨きこまれすぎないチークの木肌は意外と包容力があるんですね。どんな色合いも受け止めてくれるようで、いろんなバリエーションでの色揃えが出来ます。

色のもつ力はほんとうに大きい。
たった12本の色鉛筆を立てるだけで、部屋の雰囲気ががらっと変わってしまいますもの。

もちろん、飾るだけでなく、本来の目的に使用してもつかいやすい工夫がされているんですよ。スタンドに開いた穴には傾斜がついていて、色鉛筆は直立ではなく斜めにささります。この少しの傾斜のおかげで、色鉛筆が取り出しやすくなるというわけです。

麻呂<画像もないのにエントリーとな!?
Kero<はわわわ、今夜、今夜画像を追加いたしますー

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年2月10日 (火)

flickr

これまでに撮りためた写真のなかで、良さそうなものをflickrにあげていっています。ほとんどが既存エントリーの中で紹介したものばかりですが、写真だけで大きく見るとまた違った印象になるもので。よければご覧下さいませ。
Kero556のflickr

Flicker_2

eは不要だったんですね。タイトル他、直しました。ああ恥ずかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉛筆の作り方・バラシカッター

別館で予告していた内容とは異なるのですが、2007年にエントリーした記事を補完する画像がありましたのでご紹介。

何についてかというと、芯を挟み込んだスラットから軸を切り出すカッターの形状についてです。
2007年7月に、2度にわたって、三角軸・四角軸の切り出し方について、書物と想像を駆使して考察していました。きっと、製造に携わる方から見たら噴飯物の内容だったと思います(^-^;)
Young Generationシリーズ No.3161(2)~四角軸の取り方・さらに追記/コーリン鉛筆(COLLEEN)
当時はこんな風なカッターを想像したり、どらさんの指摘をいただいて下のように想像を変えてみたりしてたのですが…
Colleenpencilfun_137_9
Colleenpencilfun_137_10


































実際はこういったカッターが使われています。
上は六角軸の上面を切り出したところ。
Colleenpencilfun_00s_01






















カッターだけを取り出してみると…。(こちらは四角軸用カッターです)
Colleenpencilfun_00s_02



















分かるでしょうか?
カッターにはアールがついてます(という言い方でいいのかしら?)。アバウトに図解するとこうなります。
Colleenpencilfun_00s_03









カッターがぐるりんと動いて、スラットをばらしていくという。
Colleenpencilfun_00s_04





カッターというと、真っ直ぐなイメージがあったのですが、こんな風だったのですね。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

ギフトショーに行きます・変更あり2

明日2月3日(水)~6日(金)まで東京ビッグサイトで開催されるギフトショー2009springに、5日(木)午後と6日(金)の2日間、行ってみようと考えています。ギフトショーを見に行くのは初めてのこと。数は多くないでしょうけども、ISOTとはまた違った切り口での文具が見れるんじゃないかと期待して。試作品もいくつか携え、現地で見比べたりしようかしらと思ったりも(笑)。今回のギフトショーのコンセプトである「ヘルシー&エコロジカルライフスタイルの実現」にも被ってる部分があるだろうし。大いに参考にさせていただく予定。

今日届いた招待状を眺めていてびっくりしたのは…ギフトショーは東京駅(丸の内南口)から無料の送迎バスが出ているということ。ISOTのときは確かこんな気の利いたサービスはなかったはず。これからも、会期日数からも、ISOTよりも大きな催しモノであることが分かります。ふむふむ。来場人数もだいぶん多いんだろうなぁ。迷子になりませんように。

当日会場にいるよ!という方はよければお声かけください~^-^ 
そうそう、最終日の6日は16:00までだから、きちんと早起きして出かけるようにね>自分

▼第67回東京国際ギフトショー 2009spring
公式サイト

▼メールはこちらまで
Kero556_556あっとまーくyahoo.co.jp
※あっとまーく→@に変えてくださいませm(_゛_)m

▼tiwitterもあるよ(・∀・)
http://twitter.com/kero556

…というか、これ、一日で見て回れるもの?無理?w→2日間で見ます

Giftshow

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »