« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月16日 (水)

コーリン色鉛筆・日本公式サイト

日本に再上陸したコーリン鉛筆、「コーリン色鉛筆」の公式サイトが公開されているのは、皆さんご存じかと思います。今週になってコンテンツも充実してきているようです。

例えば…

 ・メールマガジンの登録ができる
 ・各種媒体掲載のお知らせ
  (日経BP社 Tech-on!MONOマガジン8/2号~7/16発売)
 ・ISOTのブースの様子(時計が可愛いの♪探してみてください)

などなど。おもしろいのでぜひご覧を~。
Colleencolourpencilwebsite


| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年7月12日 (土)

御礼:ISOT2008コーリン鉛筆ブース・追記あり

2008年7月9日(水)~11日(金)の3日間開催されたISOT(国際文具・紙製品展/於:東京ビッグサイト)のコーリン鉛筆・記念すべき日本復活ブースも無事に終了しました。開催中は沢山の方がブースを訪れてくださり、押しかけスタッフ(無理やり召集されたスタッフ?笑)の私も、コーリン鉛筆のすごさを改めて知った次第です。
お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。お一人お一人の名前を出してお礼申し上げたいところですが、それもまずかろうと思いますので、「皆さん」とさせてください。んでも、お一人ずつのお顔とお話した内容を思い出しながら書いております。
ご説明不足や応対に失礼も多々ありました、コーリン顔に免じてお許しくだいましたら幸いです。
▼コーリン日本公式サイト
 http://colleen.jp/

Colleen_isot2008_01 さてさて。肝心の製品についてですが。
色鉛筆の芯のやわらかさ、色つきのよさには、スタッフでも一ファンとしてでもなく、単なるユーザーとして、驚きました。これいい!!(・∀・)
軸材にチークを使ったものも、握ってよし・撫でてよし・削ってよし・描いてよしでした。デモンストレーションのためにハンドシャープナーで削ってお見せしたり、お客さまに削っていただいたりしたんですが、山となっていく削りカスにひそかに萌え萌えになってたのは内緒です。(なのに撤収時に捨てられちゃってがっかりだ…ちっ)

今後の展開は、こちらの日本公式サイトの方で追いかけることにして、Kero556としての私は、またカタログ化計画にいそしみます。
Colleen_isot2008_02 Colleen_isot2008_03








なんと、けふこさん(けふこの本棚と文具の引き出し)から薔薇を贈っていただきました。本当は週末に受取れるはずが、私がウロウロしてたせいで~後片付けとか本業の打ち合わせとか^^;~先ほど配達の方にお持ちいただいたんですが、箱を開いたとたんにふわっと広がる優しく柔らかな香り。薔薇は、今日になって疲れの出てきた私に、安らぎと喜びを届けてくれました。今夜は一晩枕元にこの薔薇を置いて眠ることにします。


2008.07.24(木)追記
きたきつねさまよりTB頂きましたヽ(´ー`)ノ
080715_20360001http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/2008/07/isot2008_aeca.html 

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年7月 7日 (月)

御礼:コーリン計画カタログ化計画・神戸展

ご来場いただきました皆さま、会えた方も、私の段取りの悪さでお会いできなかった方も、ありがとうございました。遠くは北海道、高知からおいでくださったこと、一生忘れません。神戸展にと、お手持ちの貴重なコーリン製品をお送りいただいた皆さま、本当にありがとうございます。それからメールやお手紙でお励まし下さった方々、ブログやサイトでご紹介いただいた皆さま、ブライヤーを置いてくださったお店の方々、お花までお贈り下さった方、どんなに感謝してもしきれません。協賛くださった方、ギャラリーを快くお貸しくださった方、こんな機会に恵まれることはもうないでしょう、ありがとうございます。荷物を持っての移動の際に、階段で手を差し伸べてくださった優しいおじさま、建物内まで荷物を運んでくれたタクシーの運転手さん、帰りの電車の中でお花を入れた紙袋が破けて途方にくれる私にビニールのバッグを下さったおねえさま、ありがとうございます。お客様なのに流れで片づけをさせてしまった方々ありがとうございます、申し訳ございませんでした。
皆さんの支えがあって、こんなにも大それた展示会を行うことができました。本当にありがとうございます。
もうなくなってしまった、かつてのコーリン鉛筆。モノもいずれは消えていってしまうことでしょう。でも、今回のことで、皆さんの心の中で一日でも長くコーリンが生き続けてくれるといいなぁと、あの三角顔に魅せられた私はそう思います。
ああそうだ。かつてのコーリンはなくなってしまったけれども、タイで生き延びたコーリン君が、また再上陸するのでした。再生。新しいコーリンという命。なんて素晴らしいことなのでしょう。

きちんと神戸展のご報告をして、それからお一人お一人にお礼を申し上げなければいけないのですが、あまりに時間が掛かってしまいそうなので、まずはこの感謝の気持ちを今日のうちに申し上げたくエントリーいたしました。

みなさま、本当にありがとうございました。

皆さまに、少しでもコーリンの持っていた魅力、それから鉛筆の素朴さ素敵さが伝われば、幸せです。


▼コーリン鉛筆カタログ化計画・神戸展のレポートをしてくださった皆さま
 (順不同でごめんなさい)
 ・kossyさん「机上はいつでも」
 ・andrewさん「dIARY of andrew」
 ・松本麗華さん「Leica a la carte」
 ・わっしーさん「つれづれなるままに・・・ 文房具話」
 ・origopenさん「らくがきだいすきぶんぼうぐだいすき」
080708_060500012

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

ISOTについて


★2008.07.11(金)NEW!!★
ブースで販売しているものがあります。Tシャツ(5色、S,M,L)、ジェルトン黒芯鉛筆1ダース、ステッカー2種。Tシャツを、たった今、着てみました。背中に邪悪な三角顔マークを背負えます(笑)。心強い…のか?(-゛-) んでも可愛いデス。

★2008.07.10(木) NEW!!★
コーリン鉛筆のブース@ISOT、おかげさまでとっても沢山の人に来ていただいております。こちらを見てきてくださる方も多く、マニア冥利につきます(T_T)。 あわあわ接客してますので(なにせヘルプ要員のド素人)、お越しいただいた方に気がつかない失礼をしているかもしれませんが、どうかお許しくださいませ。そうそう、日本向けサイトができたそうです。

★2008.07.09(水) NEW!!★

9日~11日の3日間、コーリン鉛筆タイランドのブースに入ることになりました。
皆さん、ISOTにお越しの際はお立ち寄りくださいませ~。
東2/B15-26 ヤマト糊さん・サンエックスさんの近くです。


ぷち暴露。

何人かの方が既にblogなどで書かれておりますが。タイコーリンさんが本年のISOTに出展されるそうです。で。私、旅行がてらに全日行くんです~うふふ♪オフ会にも参加したいし、夜のほおずき市にも行ってみたいし、空いた時間で国立博物館で若冲も見たいし、谷中あたりの猫カフェでまったりしたいから♪といいましたところ、ブース入ってと。そんな要請がきまして。人手たんないんでしょうか。まさかこの関西弁が買われたわけではあるまい。が、断る理由がありあせんので、お引き受けすることにしました。
ブース場所、まだ知りません       (´Д`;) 商品価格も知りません       (´Д`;) だいたいあんな場所にたったこともありません        (´Д`;) だいじょうぶか、私。それでいいのか、タイコーリン。

2008.07.07(月) 追記
七夕さまですね。星に願いをせねば。
コーリンタイランドブースに、旧製品のコレクションを飾りたいというお話がありましたので、5点ほど持っていくことにしました。基本的なものばかりでお集めの方にはあまり珍しくもないかもしれませんが…。もしよければご覧ください。
明日はIOST前日東京入り。無駄に早い時間に行きます。体力モツんでしょうか。東京駅ででかい荷物3つ持って倒れてる三十路女がいたら、それが私です。つまんで通路脇に置いてやってください。しかももう1つはホテルに送ったのに。何でこの上3つも荷物を運ぶんだろう。何の運び屋だ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »