« タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(7)・雑誌掲載 | トップページ | コーリン鉛筆コレクション展、してみます・追記あり »

2008年5月25日 (日)

鉛筆工房見学・鉛筆印刷版(1)

鉛筆好き、そしてコーリン鉛筆偏愛のKero556としては、鉛筆ができるまでの工程を知らずにはいられません。木下綾乃さんのご著書『文房具さんぽ(2007.10.25初版第一刷発行)』P.26~31に北星鉛筆さん工場見学記が掲載されていますが、鉛筆好き・見学好きは私だって負けてられません!(笑)。なんたって、2007年3月には篠崎鉛筆製作所さんに押しかけて、あれこれお話伺いましたしね。でも、これだけじゃないのです、実は…。昨年10月には、下塗り・印刷の前行程である、「印刷版」を制作されている工房さんにもお邪魔したのです。エントリーまでに時間がかかってしまいましたが、鉛筆の印刷についてお伺いしたことを交えながら、版制作について何回かに分けてお話していこうと思います。

■今回見学を受け入れてくださった桐野鉛筆製作所さん
鉛筆好き、工場好き、機械好き(←いいですよねぇ、機械って…うっとり)の見学を受け入れてくださったのは、篠崎鉛筆さんと同じく、鉛筆の聖地・町屋でご商売をされている桐野鉛筆製作所さん。コーリン鉛筆が健在だったころには協力工場として、今だ根強い人気のNo.710などを手がけていらっしゃったそうです。今は鉛筆印刷のDTPを主な業務とされており、なんと日本で印刷される鉛筆の約6.5割を担当。ぶっちぎりで、シェア日本一という、鉛筆界にはなくてはならない方!
▼No.710
Colleenpencilfun_00n_1
余談ですが、桐野鉛筆さんの旧工場には、昔の機械類や鉛筆がまだ残っており、それはそれはもう私には夢のような空間でした。許されるなら、あの機械、持って帰りたかった…(無理だからw)。


■2つの印刷方法
下塗りを済ませた鉛筆にイラストなどを印刷する方法には、2つの方法があるそうです。
ひとつは、「ドライオフ印刷」。略して「印刷」とだけ呼ばれることもあるようです。篠崎鉛筆さんのところで見せていただいた方法です。詳しくはこちらをご覧ください。マニアックなエントリーがあります(笑)。
もう一つは、「フィルム転写」。略するときは「転写」ですね。

この2つの印刷方法の簡単な説明、メリット・デメリット、版の作り方の違いは次回以降!
(気を持たせてばかりですねー^^;)

それと。エントリーをお待たせしてしまったお詫びに(?)、近々企画の発表を致します。特に関西の方には、乞うご期待なのです!




|

« タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(7)・雑誌掲載 | トップページ | コーリン鉛筆コレクション展、してみます・追記あり »

鉛筆の作り方」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

あら探しでごめんなさい
DPTではなくDTP
(Desk Top Prepress
(昔はPublishingの略)
 それと8割は大げさかな?
6割5分くらいにしといてください。
あとダマート巻の機械
KEROさんへさしあげましょうか?


投稿: 桐野です | 2008年5月26日 (月) 16時29分

>桐野さま、
早速コメントありがとうございます。
DTPですよね(恥)早速修正しておきました。
今はP=Prepressなんですねぇ。私がQXをほんとのほんとに少しだけいじってた時にはPublishingと説明されました。

>ダマート巻の機械
わぁぁぁぁ!いいんですか?お困りになったりしませんか?大丈夫なんでしょうか?(←興奮気味@会社)
それはもうすっごくすっごく嬉しいです。
本エントリー最後で少し触れましたが、近々実行する企画にもぴったりですー。(今週中には発表しますです)。

投稿: Kero556 | 2008年5月26日 (月) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172156/21168661

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆工房見学・鉛筆印刷版(1):

« タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(7)・雑誌掲載 | トップページ | コーリン鉛筆コレクション展、してみます・追記あり »