« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(7)・雑誌掲載

3月に、ここのところ立て続けに露出していますねぇ…とエントリーしたばかりなのですが、聞いた話では、4/28-5/5合併号の日経ビジネスにタイ・コーリンの話が載っているそうです。
今回は入手できていないので、扱いや記事内容など全く把握できていないのですが。
日経ビジネスって年間購読じゃないと手に入らないんでしたっけ?昔勤務していた会社ではいつもライブラリーにおいてくれてたので全くそういうことを意識せずに読んでたのですがー…。
Nakazuri





| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

リカちゃん鉛筆~フィルム転写印刷・修正追記あり/コーリン鉛筆(COLLEEN)

一見、平凡なキャラクターもの鉛筆。でも、コーリン鉛筆の歴史を知る上の資料となるのがこちらのリカちゃん鉛筆。
コーリン鉛筆 りかちゃん
コーリン鉛筆 りかちゃん 実はこれは自分のコレクションではなく、他の方から写真を頂いたもの(こちらでの紹介もご許可いただいています)。
これのどこが資料になり得るかというと…。


ポイントは2つ。

■1:製造されたのは平成9年9月コーリン自社工場である可能性大
品番のX09Iは、X=コーリン自社工場、09=この場合は平成9年、I=9月を表す(平成9年=20071997年)。で、この製造年月が問題

■2:フィルム転写という印刷技術を使っている模様

1についてはちょっと疑問なのです。というのも、コーリン鉛筆は20071997年3月に和議申請、同年5月に倒産していますので、普通に考えるとそれ以後の9月にコーリン自社工場からモノが出てくるというのはおかしいわけで…。普通だと私の品番解読に誤りがある、ということになります。
が、コーリンの場合、そうとも言い切れない部分がありまして。倒産後も、旧経営陣がしばらくの間少ない人数になってしまいながらも、どこかで工場を操業してたようなので。…1997年9月に発売された日経某誌のとあるコーナーに、当の旧経営者がそう語っている記事を見つけました。信じていいものかどうかあれなんですが…ごにょごにょ…。いつまで存続していたかは分かりませんけども、そこから出てきたのかなぁと。どうなんだろう。
まあ、そんなように、倒産時のあれこれをいやがおうにも考えさせる&文章の歯切れを思い切り悪くさせる罪な子なのですよ、この商品は(苦笑)。

で、肝心なのは2です。1995年ごろから鉛筆界で使われるようになった新手法、「フィルム転写」のハシリであったようなのです。リカちゃん部分を拡大するとよく分かります。
コーリン鉛筆 りかちゃん 画像をクリックして見てください。じ~っとみると…りかちゃんの背景部分や髪の毛、お肌あたりが、網目のようになっているのが分かるでしょうか?これがフィルム転写です。コーリン鉛筆も、きちんと当時の技術をキャッチアップしてた(当たり前か^^;)証拠になるかと思います。

…ええと、多分合ってる…ハズ。万が一認識違いがあったら、ご指摘くださいm(_゛_)m


フィルム転写が出てきたんで、次回は、もう一つの方法ともからめて、ちょいと鉛筆の印刷について書いてみます。




---
本文とは少しずれてしまうのですが、コーリン鉛筆物を集めることについての、私にとっての意味をお話しますね。
時折、複数の方から、「そんな集めるばっかりしないで使ってあげなよ」と指摘を頂きます。モノが生まれてきた意味を考えると、使ってあげなきゃいけない。その通りなんです。なので、ご指摘頂く度にちょっぴり心が痛みます。ただ、私には、コーリンを知りたいという目的がありまして。…自分でも、えらい変わってるもの好きやなぁと思いますが(苦笑)。子供のころ、あの邪悪な三角顔にガツーンといわされたもんでどうにもこうにも…。だってすごいじゃん、あの顔。トラウマですよヽ(`Д´)ノ
それはともかく。
現存している企業ならいいのですが、既に倒産しており、また社史や製品史のような存在も確認できていません(後年のカタログ情報は手に入れましたが)。そうなると、効率が悪いのですが、数を集めて、そこからあれこれ推測していく、という方法を採るしかなく。今でこそ、コーリン鉛筆の元関係者の方々とコンタクトを取れるようになりましたが、その方々もすべての歴史を商品をご存知というわけではないので、やはり、手がかりになるのはモノです。というわけで、せっかく生まれてきたのに使ってあげれないのはしのびないのですが、たくさん集めていっているという訳。もちろん、全部を仕舞っているというのでもないです。使わなければそのモノの持つ特性を知ることはできませんから、複数集まれば、それはきちんと使います。複数を・現在進行形で、です。

そういうわけなんで、たくさん集めてても薄目&生ぬるい目で見守って下さい。わが家人よ!(笑) そして、変わった趣味でごめん、わが家人よ…。ほんとゴメン。えへ☆


------
2008.04.29(火)追記
Kiripenさんからコメント欄でご指摘いただいていた、平成9年の西暦変換がおかしい個所を直しました。平成9年=1997年ですよね^^; 何を思って間違えたのか…もっとしっかりします(汗)。




| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

マイシャープ・回転繰り出し式MP/コーリン鉛筆(COLLEEN)

JIBより前の時代のMP、マイシャープ。こちらは0.5mmの回転繰り出し式です。isuさんからの頂き物です。ありがとうございます、isuさん
コーリン鉛筆 マイシャープ回転繰り出し式 発売開始時期は不明ですが、こちらの広告を見る限りでは、1970年前後は販売されていたようです。
広告についてのエントリーはこちら
コーリン鉛筆 マイシャープ回転繰り出し式









BODY真ん中あたりにある、金輪部分を回すことで、芯が出ます。COLLEENの文字も、さりげなく刻印されています。
コーリン鉛筆 マイシャープ回転繰り出し式














個人的に、ノック式MPの芯を出すときに出る「カチカチ」音が得意ではありません。なんだか神経質ですが。まして最近でたフリシャ機能のMPは…。ということで、この回転繰り出し式は大のお気に入りで、いつも持ち歩いているコーリン鉛筆見せびらかし&常用品用ペンケースに入れています。
頭部分の、この形もなかなかいいんですよね。コーリンロゴを刻印して欲しかったんですが…大人っぽいこの商品には似合わないか^^;
コーリン鉛筆 マイシャープ回転繰り出し式


さて、マイシャープは、Nikichiさんがずいぶん集めていらっしゃいます。ご興味のある方はぜひ。
>>Nikichiさんによるマイシャープのページ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »