« JIBシャープ・シングルノック式(3)/コーリン鉛筆(COLLEEN) | トップページ | コーリン鉛筆カタログ化計画。 »

2008年1月17日 (木)

倒産直前の新製品/コーリン鉛筆(COLLEEN)

MP関連は一回お休み。今回は幻(?)の商品についての情報を。幻なので画像はありません(T_T)

コーリン鉛筆が倒産したのが1997年、同年9月に発売された日経某誌のとあるコーナーに、コーリン鉛筆が倒産直前に発売した商品情報に触れた箇所がありました。その商品とは…
(商品情報以外の記事内容については、もにょもにょ…(苦笑)  [除:囲内記事] )。

(1)1996年12月にシステム手帳発表
記事では、「...本革なうえドイツ製の金具、最高級の紙を使っており、他社のものとは差異化できました。」とあります。文具LOG(ぶんぐろぐ:文房具のブログ)さんのエントリーでその存在を知ってはいたのですが、倒産前年末の発表だったところまでは分かりませんでした。
こちらで詳しく拝見することができます。5種類もお持ちの方は他にはいらっしゃらないんじゃないでしょうか?今となってはとっても貴重な資料です。
  ・コーリンのシステム手帳 Part1(文具LOGさん)
  ・コーリンのシステム手帳 Part2(文具LOGさん)
  ・コーリンのシステム手帳 Part3(文具LOGさん)
  ・コーリンのシステム手帳 Part4(文具LOGさん)
  ・コーリンのシステム手帳 Part5(文具LOGさん)
※Part3エントリーに、「ドイツ/KRAUZE(クラウゼ社)のリングを使用しています。...」と書かれた説明書画像が掲載されています。これが記事の中で言及されていた「ドイツ製の金具」ですね。紙については不明。

(2)1997年3月に色鉛筆・アクアマーベル発表
アクアマーベル、まったく聞いたことのない名前です。3月に和議申請、5月には倒産しているので、ほとんど市場には出回ってなかったんでは?と思います。さて肝心の製品特性については、「ガラスやビニールにも書けて、水拭きすれば消えるものです。....」。
んー、ダーマトグラフとどう違うんだろう?ダーマトもどきで色数を増やした商品かな?書き味はペリシアに似てたりして。(あ、ペリシアは大好きです。ぐりぐりぐりぐり無心で塗ってると気持ちいいのです…)

さて、システム手帳は文具LOGさんがお持ちだから、見たくなればいつでもブログを拝見させていただくとして、アクアマーベルなる色鉛筆、どこかに眠っていないですかね。
もしお持ちの方、昔持ってたぜ!って方、いらっしゃいましたら、ぜひぜひコメント欄かメールで教えてください。どんな感じの製品だったのか、少しでも知りたいのですー><

|

« JIBシャープ・シングルノック式(3)/コーリン鉛筆(COLLEEN) | トップページ | コーリン鉛筆カタログ化計画。 »

ノーマル色鉛筆」カテゴリの記事

其の他商品」カテゴリの記事

商品情報」カテゴリの記事

コメント

倒産寸前の商品と言うと抗菌仕様の3030と、サンリオ系の
商品がこちらでは大半を占めています。

システム手帳はぱっと見で気づかないのでノーマークでした。

地方ではパイロットとか、定番のメーカーが多いと思うので
見つけるのが難しそうですね。

投稿: nikichi | 2008年1月20日 (日) 13時23分

Kero556さん、始めまして。
モモタと申します^^

実は昨年のISOT辺りから、度々お邪魔して
いたのですが、読み逃げしていました(苦笑)
文具大好きモモタにとって、品質イメージのよかった
Colleen Brandは惜しくも日本では
現在落ち着いちゃっていましたが、このBlogで
タイにはまだ。。。っていう吉報を知って
喜んでいます。
物作り日本のイメージを、また日本から広げていって
欲しいなって願っています~☆

又、遊びにきますね♪

投稿: モモタ | 2008年2月 1日 (金) 12時38分

初めまして。
コーリン鉛筆、懐かしいです。
もう出回っていないんですよね。
とてもマニアックなサイトで、コーリン鉛筆について掘り下げられていて感心しました。

投稿: kurumafu | 2008年2月 9日 (土) 16時32分

>Nikichiさん、
丁度あの頃は抗菌第一次ブームでしたものねぇ。
サンリオ物も色々キャラクターが出てたころだったかと。
システム手帳は私も全くノーマークで。
上でご紹介している方のBlogで知った次第。
商品開発された事情はともかくとして、モノとしては結構良さそうな感じ。
ぜひ手にとってみたいものです~。

>モモタさん、
ありがとうございます~。読み逃げも大歓迎ですよぉヽ(´ー`)ノ
「物作り日本」のイメージ、ほんとその通りですよね。
ぜひぜひ広めてもらいたいもので、タイコーリンには、密かに期待しています。
あれ?日本からじゃない?!(笑)<タイじゃん!

>KURUMAHUさん、
KURUMAHUさんのBlog、拝見させていただきました。
マニアックつながりで来てくださったのでしょうか?
だとしたら嬉しいです^^ ←マニアック好き(笑)
しっかし、カマキリは、けっこう大食漢なのですねぇ。
カマキリの卵は硬いの?! 田舎育ちなのに知りませんでした。
ああ、猫vsカマキリの戦いがっっ!
…と、ずいぶん楽しませていただきました。
お家のカマキリのタマゴ、孵るのが楽しみですね。
その時は…ぜひ孵化の動画を撮ってyoutubeUPしてください~♪

投稿: Kero556 | 2008年2月16日 (土) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172156/9923784

この記事へのトラックバック一覧です: 倒産直前の新製品/コーリン鉛筆(COLLEEN):

« JIBシャープ・シングルノック式(3)/コーリン鉛筆(COLLEEN) | トップページ | コーリン鉛筆カタログ化計画。 »