« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

コーリン鉛筆・使ってみたいのはどれ?アンケート結果

2007年7月27日~10月26日まで行った、『コーリン鉛筆・使ってみたいのはどれ?アンケート』は終了いたしました。結果はこちら。

ゴールド芯はやっぱり強かった!ハイピアスも健闘。ハイピアス芯ホルダーは、コーリン好き以外の方の支持も得たものと思われ。そして、色鉛筆のコーリンならではMildexも頑張ってます。
Enq
この結果は、タイコーリンさんにお知らせいたしますー。
以前は英語でメール書いてたものですが(苦しかったーw)、今は日本語でも大丈夫ってことがわかったので楽です…。と、外国語専攻してた者にあるまじき発言をしてみたり(笑)。

投票くださった皆さま、ありがとうございます。皆さまからの投票結果は、しかとお伝えしますねー!

…個人的には、ハイピアスとMildexの復刻を強く強く希望しています。ハイピアス、たまらんっ><

アンケートと言えば。paper and pencilさんのところで、「消しゴム付き鉛筆がいいか?ついてない鉛筆がいいか?」の投票をやっておられますね~。私は「Not have an attached eraser」に一票。皆さんはどうですかー?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

赤黒鉛筆No.700・さらに追記/コーリン鉛筆(COLLEEN)

昨日、ふと思い立って、日帰りで東京に行ってまいりました。…決して暇なわけではないのですが……忙しい時ほどオカシナ行動したくなるときってありますよね?ね?
目的は一人東京ブラブラ、当然銀座もターゲット。そして銀座に行けば、訪ねずにいられないのが五十音さん!毎回迷子になるけど行くのです!(笑)。

今回は、とてもいい出会いがありました。

それがこれ、コーリン鉛筆製の赤黒鉛筆No.700。
コーリン鉛筆 赤黒鉛筆 品番:700 硬度:黒芯2B/赤芯硬質
値段:180円(改訂前は120円)/ダース 発売時期:不明
木軸直径:7.7mm 芯直径:2.4mm

▲No.700
黒7:赤3ほどの割合かと思われます

以前、No.686のハイプレゼントとして同梱されていた黒赤鉛筆No.705をエントリーしましたが、
▼No.705(下)
コーリン鉛筆 赤黒鉛筆




赤黒鉛筆がたんなるおまけとしてではなく、商品として製造されていたことが、このNo.700で証明されたことになります。Colleenpencilfun_187_4







コーリン鉛筆 赤黒鉛筆 ▲上から張り付けた値札シールをはがすと、パッケージに印字された\120の文字が



つまり、土橋さんの「文具で楽しいひととき」その21 「ありそうでなかった組み合わせ」 トンボ鉛筆 黒赤鉛筆 木物語 2本セット 168円(税込)」の文章の中で言及されている『*黒と赤の2色鉛筆は30年ほど前に他社から販売されていたそうです。』の「他社」が指すのは、我らがコーリン鉛筆のことで間違いなし!と、わたくしKero556は断言しちゃいますよ★したいところですが、他社さんからも出てたようです。10.28追記部分をご覧ください~。
-----------
2007.10.27(土)追記
土橋さんが、No.705エントリーへのコメントで、機会があればトンボさんに聞いてくださると仰ってくださいました。ので、楽しみに待ちたいと思います。よろしくお願いいたします~。コーリンでなかったとしても、当時そういう技術を持っていた会社が他にあった、ということが分かるわけですから、日本鉛筆史(大げさ?)において大切なことでしょう。
2007.10.28(日)さらに追記
コメント欄でNIKICHIさんから情報をいただきました。貴重な情報なので、本文でもご紹介。NIKICHIさん、ありがとうございます。m(_゛_)m
▼NIKICHIさんからのコメント

赤黒鉛筆ですが、地元薬局にてアイボール鉛筆さんの製品を購入しました。
これも三十年位は経ってそうですよ。
あまりいい写真じゃないですがURLを載せておきます。
http://karikachi.kitunebi.com/bungu/kokusan/eyeball.htm
土橋さんの記事を見た後にこれを発見しまして、「おぉー」と思った記憶があります。
ひょっとしたら、ヨット鉛筆などの大手で他にも製造している所があるかもしれませんね。

2007.11.10(土)追記
NIKICHIさんからの情報で、なんと、手帳用の小さな鉛筆にも、黒赤鉛筆が存在したとのこと。NIKICHIさんのサイトに掲載されています。みんな、ぜひご覧ください~。(NIKICHIさん、ありがとうございました。いつも感謝しております。 m(_゛_)m)
http://karikachi.kitunebi.com/bungu/colleen/techo.htm
-------------




製品の出来としては、特徴が出ている、No.705の方が優れているのではないかと思います。売るのはNo.700ではなくNo.705にすればよかったのになぁ。それともNo.705も売られていたのかしら?

ところで、コーリン鉛筆製品には、時折製品番号がかぶるものがあります。たとえば、このNo.700は、のちに、図画用鉛筆にも使われています。

本エントリーが本家エントリー100本目になります。よくぞ一企業の廃番商品ばかりで1年・100本も続けられたなぁ~。でも、これからもまだまだ続きますよ!何せ、 裏テーマの謎が解明できていませんしね(笑)。皆さま、これからもお付き合いの程よろしくお願いいたします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

小松崎茂さんイラストの色鉛筆No.770-TM/コーリン鉛筆(COLLEEN)

今回のエントリーは男子必見!リンク先必見!!でございますよー。

私、今、ちょっと興奮しております。
先月末にエントリーした、リニアモーターカーかきかた鉛筆/コーリン鉛筆のイラストを描かれた方が分かったのです!それは…この色鉛筆のパッケージを描かれた方でもありまして、お名前を「小松崎 茂さん」と仰います。(残念ながら故人です…)。
小松崎さんの詳細については、下記ご参照ください。てか見て!ガツンとくるから!特にオフィシャルサイト!(今回はエクスクラメーション・マーク多めでお届けしております)。
小松崎茂-wikipedia
小松崎茂オフィシャルサイト


▼肝心の色鉛筆はこれ
小松崎茂さんパッケージのコーリン色鉛筆2
小松崎茂さんパッケージのコーリン色鉛筆













小松崎茂さんパッケージのコーリン色鉛筆
▲サイン部分拡大

オフィシャルサイトに掲載されている小松崎さんのサインと同じ、と判断して差し支えないんじゃないかと思います。絵柄も一緒ですしねー。小松崎茂さんパッケージのコーリン色鉛筆












色鉛筆自体はごくノーマルな、そして基本のNo.770。なので特にここでは述べません(ごめんよ、コーリン色鉛筆w)。

とにかく今回はイラストレーターの小松崎さんのお名前が分かっただけで大満足。

ところでこの図柄となっている車、何ですかねぇ。一見、ジェットカーでのドラックレースゴール後の一コマですか?って感じですが、いかんせん車の免許すら持っていない車音痴の私なので、まるで自信がありません。小松崎さんオフィシャルサイトで言うところの、空想科学モノですかねぇ。う~ん(-゛-)。誰かわかる方、コメントくださいませ。推測憶測正解何だって大歓迎です。特に、男性からのご意見をお待ちしておりますよー。

▼ドラッグレースって何?
・BERC DRAG RACING CHAMPIONSHIP
・ドラッグレースクラッシュ(音出ます)
・World's Fastest Women Jet Car Drivers Drag Racing 1/4 Mile(音出ます)

#女子向けコーリン鉛筆製品は高橋真琴さんイラストモノに尽きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月12日 (金)

コーリン鉛筆番外編・鉛筆を飾ってみよう

10月9日のエントリー『ハイピアス Hi pierce(4)/コーリン鉛筆(COLLEEN)』でハイピアスを立体額に飾りました。
誰にも聞かれませんが(T_T)、でもいつか誰かの役に立つかもしれない!ので、どうやって作ったか、ご説明いたします。

■用意するもの
・厚さ2mmほどのコルク板
(できれば片面シールになっていると作業が楽)
 これは額縁の大きさのものが1枚、
 部品用に使うもの1枚が必要。
 後者は額縁の半分ほどの大きさがあれば十分。
・カッター(NTカッターVM-600G使用)
 もうひとつの愛用カッター・OLFA クラフトナイフS型よりも
 刃の角度が浅く、刃が長いため、今回は使いやすかった)
・定規
・カッティングボード(持ち合わせてないので段ボールで代用)

■作り方
・コルク板を、小(4mm×10mm)3枚・大(6mm×10mm)1枚を1セットにして、鉛筆1本につき2セット×飾る鉛筆の本数分用意。
・コルク1セットは下図のように貼り付ける
Colleenpencilfun_00m_2 ・額縁の大きさに切ったコルクにコルク部品を左右2つ貼り付け、鉛筆を置く。
Colleenpencilfun_00m_3_2




・6mmの高さのコルクが"留め"の役目をするので、額にセッティングして垂直に立てても、鉛筆はこぼれ落ちずに飾っておける。

Colleenpencilfun_00m_1









というような具合です。

額縁に飾るのではなく、水平な場所に置きたい場合は、コルクをこんな風にアレンジ。
Colleenpencilfun_00m_5




2つ並べてその上に鉛筆を置けば、はい、卓上に飾っておけます。
Colleenpencilfun_00m_6




角度をつけたければ、片方のコルクの高さを高くして作ればOK。すっごく簡単。

私の下手工作&下手絵のせいで、なんだか「はぁ?」って感じに見えるかもしれませんが、木でできた鉛筆と、こちらも同じ木の仲間のコルクはとっても相性が良いのです。だから、ナチュラルな感じに出来上がって、大変雰囲気があってよろしくてよ。です。

ただ、色合いの問題で、木目に透明ラッカーで仕上げた鉛筆には、いまいち似合いませんでした。ステッドラーの鉛筆も全般的に似合いませんでした。伯爵は悪くありません、グラファイト鉛筆にも合う感じ。スタビロはOthelloには合うけど、艶消し黒に赤とシルバーがアクセントカラーのMicro228には×。トンボ・三菱は文句なしでしたね。なんとなく分かっていただけるでしょうか?どちらかというと、ノスタルジックな雰囲気の鉛筆にはとってもマッチします(除:透明ラッカー仕上げ)。


鉛筆を飾ってハァハァしたい方は、ぜひお試しください~。

そして…「鉛筆を飾る」は、第二弾があります。
わっし~さんから、嬉しい知らせが入りましたので♪わっし~さん、ありがとうございます!


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

ハイピアス Hi pierce(4)/コーリン鉛筆(COLLEEN)

コーリン鉛筆が誇る最高級鉛筆、ハイピアスについての続報でございます。と言っても、分度器さんのBlog「文房具だけ?」で紹介されていますから、ほとんどの方はご存じかとは思いますが…。

そう、ハイピアスの帯の色は、なんと、各硬度ごとに全部違う色で塗り分けられていたようなんです!(一部未確認の硬度もありますが、「全部」と言ってしまっておそらく問題ないでしょう)。

こんなかんじです。(白帯は未確認硬度)
コーリン鉛筆 ハイピアス 塗装についての説明部分に「又特に色帯の表示をして各硬度の識別がすぐできるようにしました。」の一文がありますが、まさか各々の硬度ごとに帯の色を塗り分けているとは思ってなかったんです。
それが、なんとまぁ全部塗り分けるとは…。いやぁ、当時の方、お疲れさまでした。

さて、肝心な色ですが、やわらかいBは暖色系、硬いH系は寒色系となっており、色の持つイメージと硬度が合ってる感じですね。6B、5H~9Hは未確認です。いったいどんな色をもってきてるんだろうなぁ?ご存じの方いらっしゃいませんか?


で…分度器さんのご好意で、5B~4Hを入手した私。こんなの作っちゃいました(分度器さん、本当にありがとうございます)。1周年を記念して、って意味もあります。
コーリン鉛筆 ハイピアス

シャドーボックス(正確にはシャドーボックスじゃないですが)にコルクボードを貼って、そこにハイピアスを飾ってみました。うふふ。寝かして飾ることもできますし、お手製のコルク留めのお陰で、壁に掛けて飾ることもできます。…飾ってうっとりしております。

どうですか、あなたのおうちにも鉛筆飾ってみませんか(笑)。いやいや、冗談ではなく、けっこう本気ですよ、ワタクシ。

万年筆や腕時計にはコレクションボックスがあって、飾っている方も多いでしょう。でもね、鉛筆だって、ハイピアスやHi-uni、MONO100など、その会社が誇る最高級鉛筆は、飾られてもいいんじゃないかなと。思うわけですよ。本来は使われてナンボですけども。

ということで、次回は、自作方法をご紹介いたしまーす。楽しいですよぉ♪


このハイピアス額は、後日アンケートの結果を添えて、コーリン鉛筆タイランドさんにお贈りする予定にしています。もちろん手紙には「できれば復活ヨロシクです★」と書くつもりです。

ハイピアスって何じゃ?という方は、よかったらこちらご参考ください。
ハイピアス Hi pierce(1)/コーリン鉛筆(COLLEEN)
ハイピアス Hi pierce(2)/コーリン鉛筆(COLLEEN)
ハイピアス Hi pierce(3)&良いお年を!/コーリン鉛筆(COLLEEN)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

コーリン鉛筆 ぷち写真集・更に、さらに追記あり

10月は、ちょうどこのBlogを始めて1年の月になります。
それを記念して、コーリン鉛筆コレクションの小さな小さな写真集を作りました!

▼CDサイズの小さな写真集 表紙はもちろんハイピアス
コーリン鉛筆 写真集

中をチラ見...
コーリン鉛筆 写真集










コーリン鉛筆 写真集













コーリン鉛筆 写真集













コーリン鉛筆 写真集













コーリン鉛筆 写真集
















全40ページ。だいたいがここでご紹介した商品なのですが、未紹介のものもいくつか載せました。(樹木鉛筆とか)

つくったのはたったの2部(笑)。9月はかなーりお財布ピンチだったので…。ぃゃ、9月だけじゃないんですが(苦笑)。
一冊はお世話になった方に御進呈し、もう一冊は自分の宝物として大切にします。ふふふ…これでどこでもコーリン鉛筆を持ち歩けるぜっ!(←邪悪な笑みw

実は、某場所で少しだけお披露目をしましたところ、大変ありがたいことに(そして恐縮なことに)、見たい・欲しいと言ってくださる方が何人かいらっしゃいました。

少し手を加えて、できれば今月中に何冊か増刷したいと考えております。
----
2007.10.07(日)追記
増刷決定しましたー。冊数は未定です。ご希望の方がありましたら、10月20日(土)までにコメント欄かメールでお知らせくださいー。(メール:kero556_556★yahoo.co.o.jp ★を@に変えてくださいませ) 詳細を後日折り返しご連絡させていただきますです。
ちなみに、こちらのサービス使ってます。
http://www.mybook.co.jp/

「もっといいの作ってやるゼ!」という方ももちろん大歓迎でございます(笑)。だれだれver、Kero556verとか、バリエーションができるのもいいなぁ。んで、「コーリン鉛筆コレクション集」とかできるの。で、その中の一冊は、トレードマークのコーリン君(♀)ばかり集めたもので…。ほわわわわぁ~♪(←妄想中。幸せ回路全開中)

2007.10.07(日)さらに追記っ
簡単な解説書も付けることにしました。只今執筆中。ライナーノーツ書いてる気分ですぅー。一応、コーリン鉛筆をよく知る方にチェック願う予定(←勝手に予定化w)。

2007.10.08(月)肝心なこと書き忘れてたので追記
すいません、料金書き忘れてました。ごめんなさい。
今のところ、実費2,741円です。もうちょっと増えたら、2,588円です。差し上げられなくて不甲斐無い私でごめんなさい。その代りといっちゃ何ですが、送料は不要でございます。オマケにちっちゃい解説書+αがついてきます。プチプチ多めで梱包します。
料金体系はこちらで確認いただけます。
http://www.mybook.co.jp/sample_price/price/index.html#mb_art_hc
【種類:MyBookART-HC サイズ:CD ページ:40】

2007.10.17(水)追記何回目だろう
大変ありがたいことに思いのほか欲しいとおっしゃってくださる方が多く、1冊あたり2,588円で決定です。20日(土)まで受付けてマス。

2007.10.22(月)最新追記
20日(土)に締切らせていただきました。増刷発注も済ませました。入荷は11月1日予定。それ以降随時発送させていただきますー。また発送の際には、個別にメールをお送りします。えと、お代は、着後にお振込みいただければと考えております。
-----


1周年を記念して、もう一つ、ちょっといいモノ作りました。これもおいおいご披露いたします(・∀・)



ここからは私信です(誰にだ?w)。
来週あたりに東京出張が入りそうです。9月最終週にも実は東京に行ってたのですが、まるで容赦ない強行日帰りスケジュールだったため、お伺いしたいところに連絡も取れませんでした>< 今回は少し時間に余裕を持たせるつもりなので、追ってご連絡いたします。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »