« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

ゴールド替芯(2)/コーリン鉛筆(COLLEEN)

ゴールド替芯/コーリン鉛筆の続報です。
Yahooオークションで、少し前にゴールド芯の陳列ケースが売られているのを見かけました。保管場所が無いため泣く泣く入札をあきらめたのですが、これ、ちょっと珍しいので、キャプチャでご紹介。なんと、チャップリンがキャラクターとして使われていたんですよ!
ゴールド替芯 コーリン鉛筆

拡大してみます。
ゴールド替芯 コーリン鉛筆

どうしてチャップリンなんだろう…。"金"つながりの「黄金狂時代」から?!まさか、ね?(笑)
実際に、この陳列ケースで売られていたのを見た方、いらっしゃいませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

クルクル消しゴム P50/コーリン鉛筆(COLLEEN)

見覚えある方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?ダーマトグラフの紙巻技術を利用した、紙巻き消しゴム。その名も、コーリン鉛筆「クルクル消しゴム」。そのまんまやんっ(ビシッ)!小林製薬なみのネーミングセンス。

コーリン鉛筆 クルクル消しゴム品番:P50 値段:50円
発売時期:1968年発売 紙軸直径:11.45mm 芯直径:8.25mm
※素人計測のため、直径サイズには誤差があるかと思います。

コーリン鉛筆 クルクル消しゴム

コーリン鉛筆 クルクル消しゴム

 

コーリン鉛筆 クルクル消しゴム

コーリン鉛筆 クルクル消しゴム

はすぴー倶楽部さんでは、クルクル消しゴムの貴重な広告を見ることができます。
広告の下段にはハイピアスも載ってます。同時期の商品だったんですね。そう言えばハイピアスをダース買いすると、紙巻消しゴムがついてきました。
コーリン鉛筆 クルクル消しゴム

ハイピアスについている紙巻消しゴムもそうですが、このクルクル消しゴムも、持つとしっとり手に馴染みます。これが気持ちいい!「手に馴染む」って意外と大事だと思いません?質感もさることながら、"温度"や重さ、重心の位置などなども…。
今は、紙巻の消しゴムって見たこと無いですが、消しゴムを"芯"に見立てた商品はたくさんありますよね。MONO oneや芯ホルダーみたいなの(←こんな風にしか書けないところが、いかにも初心者くさくて自分でも笑えま^^;)から、果ては電動消しゴムまで。ちなみに、たった今、ヤマト運輸さんが、某オンラインショップさんで買ったUCHIDAプロイレイザーを届けてくれました。なんてタイムリー(笑)。

そう言えば(と、どんどん話がコーリン鉛筆から脱線)、化粧品の眉墨、あれの芯を紙で巻いちゃうってのはどうでしょうか。鉛筆型のはいちいち削るのが面倒なんですよー><。色鉛筆をナイフで削るのは嬉々としてやるんですが、眉墨は何故か億劫。繰り出し式もありますが、使い捨てだから、なんとなくもったいなくて…。紙巻だと、プラスチックを捨てるよりも(繰り出し式のはプラスチック)、罪悪感が減るような気がするんですよね。あまりにも細く柔らかいから、紙を破るときに芯が折れちゃうかなー。

ええと、この紙巻消しゴム、上のタイプだけでなく、ハイピアス専用のデザインのものもありましたし、キャラクターものもあまり知られていませんが存在していました。
それがこれ。実物は頂けなかったので、せめてと思って写真だけ撮らせていただいたものです。ちょっと見づらいですけど分かりますかね?箱の側面、黄色の面に「クルクル消しゴム」と書いてあります。
コーリン鉛筆 クルクル消しゴム

怪傑ライオン丸は、色鉛筆だけじゃなくて消しゴムでも大活躍だったんですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

MONOマガジンにコーリン鉛筆No.3030掲載/コーリン鉛筆(COLLEEN)

モノ・マガジン 4-2号(No.558)、「今欲しい愛すべきペンたち 男の筆記具この一本」の中で、"記憶していた鉛筆を楽しむための10本"のうちの1本として、我らがコーリン鉛筆No.3030が紹介されていましたー!わーい!
よぽけん日誌の中で、どらさまが「文房具特集にコーリン鉛筆がない?」とエントリーされていますが、私も常々、本や雑誌にコーリン鉛筆が載らないのは不満に感じていました。でも、かつては鉛筆御三家と言われたコーリン鉛筆も、今は日本では存在していないから仕方ない、せめてじゃあ私がBlogであの邪悪な顔を広めよう(いつの間にか趣旨違ってるよ?w>自分)…と思っていたのです。
がっ、待てば海路の日和あり。こんなにリッパに紹介されてました!
コーリン鉛筆 No.3030 MONOマガジン掲載

小さいです。どれだか分かりませんね(笑)。

黄緑で囲ってある部分が、コーリン鉛筆No.3030です。

コーリン鉛筆 No.3030 MONOマガジン掲載

もういっちょ。説明部分を拡大っ。コーリン鉛筆 No.3030 MONOマガジン掲載

コーリンは残念ながら'97年に倒産しているが、ロゴのインパクトもあり、今もファンは多い。デッドストックが出回ることがたまにあるので、是非とも掘り出したい。3030番鉛筆価格84円。(問)分度器ドットコム http://bundoki.com(※)
価格についてはKero556より最後に注釈があります。

(゚д゚)ノ(゚д゚)ノ(゚д゚)ノ(゚д゚)ノ(゚д゚)ノ
ロゴのインパクトにヤられたファンの一人はここに居ます!(笑)

コーリン鉛筆にも沢山ほかに鉛筆があるのに、どうして3030なんだろう?と思わないでもないですが、何にしろこうやって印刷物になってるのを見ると感激ひとしおです。

MONOマガジンさん、ありがとうございました。
コーリン鉛筆 No.3030 MONOマガジン掲載

※MONOマガジンに掲載されているNo.3030の価格は分度器さんでの販売価格です。1996年のコーリン鉛筆カタログには1ダース600円とあります。オークションでは時折かなり高めの価格で出ています。

2007.03.19追記
オークションにかなり高めの価格で...と書きましたが、手頃な値段で出てるのもありました。参考:Yahooオークション「コーリン 3030」での検索結果

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

幻のコーリン高級色鉛筆 MILDEX(マイルデックス)No.3000-SD(3)/コーリン鉛筆(COLLEEN)

前回、幻のコーリン高級色鉛筆 MILDEX(マイルデックス)No.3000-SD(2)/コーリン鉛筆(COLLEEN)で、マイルデックスを入手したお話をしましたが、今回は他のいろんな油性色鉛筆と描き比べをしてみました。

えー、用意した色鉛筆はこちら。全色で描き比べをしたいところですが、家計に響くので断念(笑)。朱色かそれに近い色で集めてみました。単色買いは、東急ハンズ心斎橋店さんカワチ画材店さん(リアルショップ)世界堂さん(オンラインショップ)ナガサワ文具センターさん(リアルショップ)にそれぞれお世話になりました。
コーリン鉛筆 高級色鉛筆MILDEXマイルデックス

●三菱鉛筆
 ユニカラー 126円 芯直径3.7mm/木軸直径7.9mm
 ペリシア  315円 芯直径?mm /木軸直径7.8mmくらい●TOMBOW
 色辞典   105円 芯直径3.0mm/木軸直径7.7mm
●HOLBEIN
 HOLBEIN ARTISTS' COLORED PENCIL
              189円 芯直径3.8mm/木軸直径7.9mm
●COLLEEN
 MILDEX   105円 芯直径4.0mm/木軸直径7.8mmくらい
●FABER-CASTELL
 ポリクロモス 263円 芯直径3.8mm/木軸直径7.8mm
●STEADTLER
 エルゴソフト 126円 芯直径3.0mm/木軸直径7.5mm
●ROYAL TALENS
  ヴァンゴッホ 210円 芯直径2.8mm/木軸直径7.5mm
●SANFORD
 プリズマカラー 242円 芯直径4.0mm/木軸直径7.5mm
※1本での価格

で、夜中に一人ぐりぐりぐりぐり…ぐりぐりぐりぐり…しゃかしゃかしゃか…
コーリン鉛筆 高級色鉛筆MILDEXマイルデックス

あれを試し、これを試し、写真以外にもたくさん描いて試して(いっぱい描かないと分からない>< てか夜中に何やってるんだか…)、結果はこちらー!上から、わたくしKero556が「硬いわー」と思った順番に並べてみました。一番下が一番柔らかい。ただし、あくまでも私が思った結果なので、他の人が使うと違うふうに感じられるかもしれません。でも、ペリシア柔らけぇ~☆というのは皆さんに同意いただけるかとw
コーリン鉛筆 高級色鉛筆MILDEXマイルデックス
初見(?)で感じた、MILDEXの使用感はホルベインに似てる、というのを確認すべく、特にこの2本はぐりぐりぐりぐりぐり…と呆れるほど描いて試しました。ん~~~少しの違いはあるけど、柔らかさ加減はやっぱりよく似てる。他にも発色やら色保ちやら、色鉛筆のよさを計る物差しはたくさんあるので何ともいえませんけども、描き心地はやっぱ似てマシタ。

LYRAやDERWENTの色鉛筆とも比べてみたかったのですが、探し方がトロイせいか、単色売りしているところが見つからず、次回持ち越しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

幻のコーリン高級色鉛筆 MILDEX(マイルデックス)No.3000-SD(2)/コーリン鉛筆(COLLEEN)

今日は大ニュースです!幻のコーリン高級色鉛筆 MILDEX(マイルデックス)No.3000-SD/コーリン鉛筆(COLLEEN) で、探していたMILDEX、とうとう発見しました!入手してから数日経ちますが、まだ興奮してマス(笑) このBlogの中だけでなく、色んな場所で"探しています"と言っていたところ、とあるコーリン鉛筆に縁深い土地で見つかったとの情報が。残念ながら36色は見当たらないようなのですが、それでも12色と24色をそれぞれ手に入れることができました。
ここのところ、コーリン鉛筆とのレアな出会いが増えてきた気がします。一方的なラブコールでも続けていたら良いことがあるのですね(違っ)

コーリン鉛筆 色鉛筆MILDEXマイルデックス

コーリン鉛筆 色鉛筆MILDEXマイルデックス

品番:No.3000-SD 硬度:不明
値段:1本100円 1ダース 1,200円(12色) 2,400円(24色) 3,600円(36色) 
発売時期:1990年始めから中ごろにかけてか?
木軸直径:7.8mm 芯直径:4.0mm

夢にまで見たMILDEX(マイルデックス)、ホンモノもパンフレットと同じです。

どきどきしながら開いてみます…コーリン鉛筆 色鉛筆MILDEXマイルデックス。なんだかまぶしい><

コーリン鉛筆 色鉛筆MILDEXマイルデックス

コーリン鉛筆 色鉛筆MILDEXマイルデックス4.0mm芯。太いですね。現在でも、この太さの芯の色鉛筆は、DERWENTのカラーソフト、シグネチャーカラーペンシル、SANFORDのアーティストペンシル、プリズマカラー、STEADTLERのエルゴソフトジャンボくらいです。

もったいないと思いつつも、使ってみなきゃ良さは分からない!ということで試し描きをしてみることに。やや緊張しつつ色鉛筆を手に取り、スケッチブックに軽く走らせると…

!!!

軽い!滑らか!柔らかい!
この描き心地、どこかで覚えがあるような…。なんとなくホルベインアーチストを彷彿とさせます。(そのまんま、では勿論ありませんけども)。

色もきれいに出ます。こんな感じ。モニタでみるとあまりきれいに映らないのが悔しいですね。金・銀が入っているのがコーリン鉛筆らしいですよね。
コーリン鉛筆 色鉛筆MILDEXマイルデックス

ささっと絵を描いてみました。24色しかないですけども、重ね塗りもきれいに出来るので、けっこう思い通りの色を出せます。
コーリン鉛筆 色鉛筆MILDEXマイルデックス

それにしても、とっっても描きやすい!さすが色鉛筆のコーリン。パンフレットの中で、『お子様から専門家まで自信をもっておすすめできるマイルデックス』と言うのも納得です。1本100円だなんて絶対に安すぎだよ、コーリン鉛筆。どうしてそんな値段設定にしたんだ、コーリン鉛筆(苦笑)

とにかく、これは名品じゃないかと思います。惚れました。それなのに、ほとんどの人に知られていない-何せ数日前までは検索してもこのBlog以外、全く情報がHITしなかったほどです-のは、もったいなさ過ぎです。10年以上前の技術でこれだけのものがあったのですから、今も日本のコーリン鉛筆が存続していたらと思うと、本当に惜しまれてなりません。
MILDEX(マイルデックス)、もっと皆さんに知って欲しいなぁ…。

さて、次回もMILDEX(マイルデックス)についてのお話。
今度は色んな色鉛筆と描き比べをしてみようと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007年3月10日 (土)

シャープ替芯 NEW TOUCH/コーリン鉛筆(COLLEEN)

コーリン鉛筆から発売されていたシャーペン替芯はゴールド芯が有名ですが、むろんそれだけではありません。こちらのNEW TOUCHもけっこう出回っていたようで、時折オンラインショップやオークションサイトなどで見ることができます。

コーリン鉛筆 シャープ替芯品番:不明 硬度:HB
値段:12本入り50円
発売時期:?
芯直径:0.7mm

残念ながら我が家には今0.7mmのMPが無いため、使用感はワカリマセン>< ただ、0.7mmだけの商品だったかというと、そうではなく、0.5mmのものもあったようです。分度器さんに掲載されていました(現在Sold Out)

コーリン鉛筆 シャープ替芯箱裏には、コーリン君の大きなマークが!にんまり笑ってぶきm可愛いです。

コーリン鉛筆 シャープ替芯非常に入れ物がおもしろい形をしてます。

コーリン鉛筆 シャープ替芯頭のグレー部分をクルンと回すと…

コーリン鉛筆 シャープ替芯芯が出てきます。

12本しか入っていないことを考えると、まだシャープ芯が珍しかった頃の商品なのかなぁと思ったりします。本当のところはどうなんでしょうね。

■もっと情報が欲しい方へ
「コーリン鉛筆 シャープ替芯」でのGoogle検索結果   

次回、次々回では、BIGニュースをお知らせします!ヒントはこちら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

コーリン鉛筆に関するBlog

みなさんこんにちは、Kero556です。ご無沙汰しておりました。
2月は毎年多忙の上に"超"がつく状況で、さっぱり記事の更新ができてませんでした。毎日拙Blogにきてくださってる方もいらっしゃるのに、長い間、同じ記事がTOPでしたね。ゴメンナサイm(_゛_)m
お詫びといっては何ですが、コーリン鉛筆の名品、樹木鉛筆の画像をどうぞ。ちなみにこれはVol.2です。Vol.1は今となってはほぼ入手不可能。お持ちの方は宝物にしてください(羨)。
コーリン鉛筆 樹木鉛筆

さて、2月は何をしてたかといいますと…あちこちのコーリン鉛筆に関するBlogや、某SNSなどに顔を出し、コーリン好きな方と交流をしていました。

例えば、この方!病弱店長さんによる「病弱日誌」の中の、「三角な横顔のアイツが消えた理由」。病弱店長さんがコーリン君Tシャツを作られたら、ぜひ私も分けていただきたいな~なんて思ってマス。
某SNSではステキなコーリン鉛筆のディスプレー(什器)写真を見せていただいたり…銀座の五十音さんで活躍中の什器もステキですよね…、コーリン鉛筆情報のやりとりをしたり等など。
コーリン鉛筆好き・興味を持ってる方は、たくさんいらっしゃるんですね~。心強くなりました^^

そのことは、例えば検索エンジンでBlog検索するとよくわかります。特にここ1~2ヶ月の間、記事にされる方が多くなってきました。(ちなみにBlog検索は、GoogleよりもYahooの方が個人的には使いやすくて好きです)。
「コーリン鉛筆」でのYahoo Blog検索結果
「コーリン鉛筆」でのGoogle Blog検索結果
これをご覧のみなさんも、ぜひ!BlogやWebサイトをお持ちの方はコーリン鉛筆についてのあれこれを書いてみませんか~。掲示板なんかでもいいですね。そして、「コーリン鉛筆好き」の輪を広げませんか?(笑)

.

次回は商品についてのお話に戻ります。
それまで待てない!って方は(そう言って下さる方がいらっしゃったら嬉しい><)、こちらの目次から過去記事をアレコレご覧になってお待ちくださいませm(_゛_)m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »