トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

デザイナー&カーペンター ペンシル・追記あり/コーリン鉛筆(COLLEEN)

コーリン鉛筆はデザイナー&カーペンター ペンシルを発売していました。

Colleenfun_086_1 ▲FOR DESIGNER&PARPENTER
品番:8564 硬度:不明 値段:不明 発売時期:不明。比較的新しい?

…本当のことを言うと、実は私はこういった種類の鉛筆があることを知らずに、ただ珍しい形だなぁと思って集めたのですが、調べてみるとこれが面白いのなんの!

続きを読む "デザイナー&カーペンター ペンシル・追記あり/コーリン鉛筆(COLLEEN)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

花いっぱい運動鉛筆/コーリン鉛筆(COLLEEN)

いわゆる「オマケ付き商品」ですが、単に子供の物欲をそそるだけのオマケではないのが、今回ご紹介するコーリン鉛筆。

Colleenfun_060_1_1 ▲花いっぱい運動鉛筆
品番:あさがお…3137,ダリア…3138,矢車草…3139
硬度:HB 値段:360円 発売時期:昭和50年代か?

表面は、花の絵が描かれている一見普通の商品なのですが、裏面を見てみると…

Colleenfun_060_3 

▲裏面全体像

Colleenfun_060_6

▲箱を開けると、上には種が入っています。パッケージに描かれた花の種です。Colleenfun_060_4

▲裏面上部には、コーリン鉛筆による、商品のコンセプトが説明されています。

Colleenfun_060_5

▲裏面下部には、その花の育て方や花言葉が説明されています。

なんと、種はタキイ種苗株式会社さんのご提供でした。いわゆるコラボ商品というでもいうのでしょうか。タキイ種苗さんにお問合せをしたところ、随分古い話なので誰も分かる方が残っておられないようで、ただ、裏面に記載されている電話番号から推測するに、おそらくは20~30年前の商品、多分昭和50年代のものではなかろうかというお話でした。タキイ種苗さん、お答えいただいてありがとうございました。

さて、花いっぱい運動とは、昭和27年4月8日、松本市の小松一三夢先生によって始められたそうです。以来この運動は、町会連合会はじめ多くの市民有志の共感と協力のもと、全国、世界への発展し、「花いっぱい」は今では世界の共通語ともなっているとのこと。(こちらのサイトより一部抜粋させていただきました)

もう少し時代が下ると、企業はメセナ運動に血道をあげるようになりますが、この花いっぱい運動はそんな大げさなものではなく、もっとシンプルでささやかで土着的。この鉛筆を買った小学生や中学生、OLさんたちが、校庭や庭に種を植え、毎日水をやり、花を咲かせたのしらと想像すると、心が柔らかくなりました。鉛筆という身近な商品だけに、こういう身近なオマケなり運動がよく似合いますね。さしずめ今なら、「この鉛筆を買っていただくと、苗木1本を(熱帯雨林に)寄付します」とかになるでしょうか?

Colleenfun_060_9 Colleenfun_060_8▲朝顔(上) ▲ダリア(下)

朝顔、矢車草、ダリアのほかにも、こんな種が入ってたのを覚えてるよ!という方は、ぜひコメント欄で教えてくださいねー!
もちろん、記事を読まれた感想なども大歓迎です。

■もっと情報が欲しい方へ
「コーリン鉛筆 花いっぱい運動」の検索結果へ

.

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

色鉛筆 No.770/コーリン鉛筆(COLLEEN)

今日はノーマルなコーリン鉛筆の色鉛筆を取り上げてみます。
品番はNo.770。見たことある方、お持ちの方も結構多いんじゃないでしょうか?

Colleenpencilfun_057_1

品番:770 硬度:- 値段:不明
発売時期:不明
12色入り(しろ・きいろ・だいだいいろ・ももいろ・あか・ちゃいろ・きみどり・みどり・みずいろ・あお・むらさき・くろ)

残念なことに価格や発売されていた時期が不明です。どなたかご存知ありませんか?何か分かることがあればコメント欄で教えていただけるとありがたいです。

Colleenpencilfun_057_2

▲箱の裏面
表面とほぼ同じデザインです。線画で描かれた太陽や雲、木々などが、今見ると結構新鮮にうつります。

Colleenpencilfun_057_3

▲色鉛筆のアップ
この写真では分かりませんが、頭付けはありません。切りっぱなしです。

試し描きをしてみたのですが、思ったほど芯の劣化は感じられませんでした。ただ、色によって若干描き心地が異なります。どういう理由なんでしょうか。経年によるものなのか。全くの憶測でしかありませんが、色鉛筆の芯は色によって成分配合が異なるために元々描き心地(硬さというべきか?)が違うものなのか。はたまた私の気のせいか(笑)。また時間のあるときに調べてみることにします。…宿題ですね。

いずれにせよ、今も十分使用に耐えうるものでした。

さて、このNo.770は、箱にキャラクターが描かれた商品としても使われているようで、スーパーカーだったり、ちょっと変わったところではWWF(世界野生生物基金)のマークがついているものもあります。これらも折をみてご紹介していきますね。

Colleenpencilfun_057_4_1

▲コーリン鉛筆のロゴ
そして私の心をくすぐるロゴ!紹介せずにはいられません!(笑)

△顔の下に、わざわざ「こーりんのマーク」と説明書きがあります。なぜか社名「こーりん」がひらがな…。しかも「こーりん」の書体が若干違う?力強い筆運び。社名をアピールしたい気持ちの表れでしょうか。バックの雲とあいまって、なんともいえない風情をかもし出していると思いません?疲れたとき、へこんだとき、この色鉛筆を引っ張り出してきては、眺めて和んでいますw

■もっと情報が欲しい方へ
「コーリン鉛筆 色鉛筆 770」のGoogle検索結果へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

臙脂色の鉛筆削り/コーリン鉛筆

Colleenpencilfun_033_1品番:3000 硬度:- 値段:不明
発売時期:不明

コーリン鉛筆は手動の鉛筆削りも発売していました。上はけっこう年代物と思われる、ずっしり重い鉛筆削り。
私は小学生の頃は、硬筆用の鉛筆(トンボのMONO100・6Bを使ってました)は肥後守で、学習用の鉛筆は電動鉛筆削りを使っていて、手動の鉛筆削りはほとんど使ったことがなかったのですが、父が職場でこのタイプの水色を使っていたのを覚えています。残念ながら、父が使用していたものは今は紛失してしまいましたが。この商品はいつ頃のものでしょうか。こちらのサイトでは似たようなものが1955年と紹介されています。同じ時期かな?ただ商品番号が3000と比較的大きいので、さらに時代は下るのかもしれません。

Colleenpencilfun_033_2
▲後姿
重厚な後姿がたまりません。
どことなく、昔の赤丸ポストを彷彿とさせます。

Colleenpencilfun_033_3
▲屑入れを開けてみる
今も使えるかな?---少しおっかなびっくりで削ってみました。ちゃんと削れます。今も現役!えらい!
屑入れを開けた瞬間、ふんわりただよう木と芯の香りがとってもいいですねぇ。くるんとまるまった姿とっても可愛い。
鉛筆の「削りカス」が大好きな私の心を鷲掴みです(笑)。

いかに削りカスが好きかは、またの機会にお話します…。

それにしても、撮影って難しいですね。
みなさん、どうやってきれいに写真を撮っているんでしょうか。

■もっと情報が欲しい方へ
「コーリン鉛筆 鉛筆削り」のGoogle検索結果へ

■同商品をお持ちの方
「necoのひとりごと」さん…良く見ると少しnecoさん所持品の方が、頭に丸みがあるようです。でも、えんじ色で重厚な感じ、まだまだ現役で頑張っているところ、共通点がたくさん。嬉しくなります^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゴールド替芯・追記あり/コーリン鉛筆

041_01_2品番:不明 硬度:H 値段:200円
発売時期:昭和47、8年頃

コーリン鉛筆のシャーペン替芯といえばコレ!ってくらい有名な品ですよね。既にたくさんのサイトで紹介されてますから、いまさら私がここに書くことは何も無い…orz
でも、無理やり書いてしまいます(笑)。

041_02_1 ▲箱から出すとこんな感じ。
ありし日は、上のような姿で店頭に並んでいたんでしょうね。

041_04_2

▲ ロゴ好きの私としては、ロゴ部分の撮影は欠かせません!
キャップ上部に控えめなロゴがありました。小さなロゴってところが高級感を出して…いるのか?w

041_05_1▲ 金色が映えるように黒いバックで。かっこいい。今でも十分売れると思いません?レア物好きの小学生とか、きっと飛びつくに違いない。

で、肝心の使い心地は…いたって普通です(笑)。たまに紙に引っかかるときもありますが。

ゴールド芯についての詳しい情報は、たくさんの人が書かれてますけど、特にこの記事は詳しく調べてあって秀逸。
『まぼろしチャンネル-懐かし雑貨店ANAQLO 第13回「ゴールド芯の秘密」の巻』
何気にタイトルも面白いです<ANAQLO

■もっと情報が欲しい方へ
「コーリン鉛筆 ゴールド芯」でのGoogle検索結果

----------------
2007.05.29追記
『ふでばこの中身』で、たけくろさんが、コーリン鉛筆のゴールド芯と地球鉛筆のシルバー芯を書き比べしておられます。詳しく書き比べしてあって面白い!ぜひご参考にどうぞ~。
シルバー芯はあまり知られてないですが、もっと注目浴びてよいと思うんですよね。
シャープ芯「GOLD」(0.5,2H)と「シルバーG」(0.5,2H)書き比べ~COLLEENvsCHIKYU~

| | コメント (3) | トラックバック (4)

3030のH/コーリン鉛筆

P10007411_1

品番:3030 硬度:H 値段:不明
発売時期:不明

たくさ ん出回っていた商品なんでしょうか、比較的入手も簡単でした。木目調の背景にピンクの帯が可愛いです。箱から出してみると…。

P10007421_2
▲箱から出してみたところ
こんなかんじです。緑色の軸に、ブランド名・ロゴ・硬度・キャッチフレーズ(?)を金色で、JISマークと用途は白色で押してあります。もうちょっと大きく見てみます。

P10007471_2

P10007501_2

▲コーリン鉛筆 3030
用途に、「DRAFTING&RETOUCHING」とありますが、設計図&修正という意味合いでしょうか。それとも草稿&修正?いずれにせよ、わりあい気軽にサクサク使う用の鉛筆、という印象ですね。三菱鉛筆やトンボ鉛筆でいうと、どのあたりの商品と同じクラスなんでしょうか?気になります。
どこかでは「高級事務用鉛筆」と説明されていました。

■もっと情報の欲しい方へ
「コーリン鉛筆 3030」でのGoogle検索結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blog始めました

Logo_r_1 子供の頃に見たコーリン鉛筆のロゴマークがあまりにも衝撃的でw大人になった今もずっと忘れられず、いつの間にやらコレクターになってしまいました。

その数々を自分の中で整理するために、Blogに残しておこうと決心。暇な時をみつけてはコレクションの写真を撮り、UPしていこうと思います。

また、集めたはいいけども、それがいつ発売されたものか、いくらだったのか?などの基本的な情報が抜けていることも多いので、これを見た誰かが教えてくれるといいな~と思ったり。羨ましくなるような珍しい品を見せてくれる人が出ないかな~とひそかに願ったり。…しょっぱなから他力本願ですけども、本音のところは、一人で寂しくコレクションしてるので(家族は理解してくれない^^;)、共感してくれる人がいれば嬉しいなぁと。

最終的には、コーリン鉛筆好きな皆さんが集まって、「コーリン鉛筆の情報は、ここにくれば手に入る」Blogを作ることができればいいなと夢みています。そうなるとBlogではなくwikiスタイルにした方がいいかもしれませんね。まぁ、まだまだ先の話ですが。

そんな夢を込めて、Blogのタイトルを「コーリン鉛筆カタログ化計画」としました。

裏テーマは、「なんでこんなロゴマークなの?由来は?…ロゴマークの謎に迫る」です。だって、このロゴマーク、強烈過ぎですもん!トラウマになってる人、いませんか?(笑)

【2006.11.05追記】
リンクについて
拙Blogはもちろんリンクフリーです。励みになりますので、どんどんリンクくださると幸いです。また、もしよろしければ、リンク後で結構ですので、コメント欄でお知らせくださると、とっても嬉しいです^^

【2007.04.21追記】
初めてきてくださった方へ。左サイドバーから色んなエントリーを見ていただけますが、の目次ページで、エントリータイトルを一覧いただけます。サイトマップ代わりに使ってくださいねー。
目次:全エントリーの一覧を見る

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

目次/コーリン鉛筆カタログ化計画(COLLEEN)

コーリン鉛筆ロゴマーク コーリン君記事の本数が増えてきたので、見に来てくれる方のために(そして何より忘れっぽい自分のために)目次を作りました。ご活用いただければ幸いです。

<商品について>

■ノーマル鉛筆
3030のH
花いっぱい運動鉛筆
デザイナー&カーペンター ペンシル
WILIS 鉛筆 No.3124
鉛筆 No.2020(1)
鉛筆 No.2020(2)
ワンダービュウ鉛筆 No.762
トップステレオ鉛筆 No.761
ハイピアス Hi pierce(1)
ハイピアス Hi pierce(2)
ハイピアス Hi pierce(3)&良いお年を!
ハイピアス Hi pierce(4)
鉛筆 No.9900
鉛筆 No.401~鉛筆の作り方
鉛筆 No.546~鉛筆の検査
鉛筆 No.523~鉛筆の硬度と用途概略
黒&蛍光鉛筆No.2850
手帳用鉛筆No.350
かきかた鉛筆 No.201
Young Generationシリーズ No.3161(1)
Young Generationシリーズ No.3161(2)~四角軸の取り方
Young Generationシリーズ No.3184(1)
Young Generationシリーズ No.3184(2)~三角軸の取り方
黒&蛍光鉛筆No.2850(2)
COREシリーズ No.5550・白
抗菌シリーズ No.5400-OC
黒赤鉛筆No.705-会議用-
紐でしばってある鉛筆
消しゴム付き鉛筆No.777
溝模様入りの古い鉛筆
抗菌シリーズ No.5112-OC パール軸
赤黒鉛筆No.700・追記あり
ピアス Pierce

■キャラクター鉛筆
サンリオ リトルツインスターズ鉛筆
赤胴鈴之助の鉛筆
リニアモーターカー かきかた鉛筆 No.3374
スポーツシリーズ-野球編- No.751
スポーツシリーズ-サッカー編- No.752
スポーツシリーズ-レスリング編- No.753
リカちゃん鉛筆~フィルム転写印刷


■ノーマル色鉛筆
色鉛筆 No.770
太軸の赤青鉛筆 No.973
太軸の青鉛筆 No.973
コーリン ダーマトグラフ No.1818青
コーリン ダーマトグラフ No.1818青・続報
WILIS 色鉛筆 No.770-WI
幻のコーリン高級色鉛筆 MILDEX(マイルデックス)No.3000-SD
幻のコーリン高級色鉛筆 MILDEX(マイルデックス)No.3000-SD(2)
幻のコーリン高級色鉛筆 MILDEX(マイルデックス)No.3000-SD(3)
輸出用色鉛筆(ハーフサイズ)No.385
太軸・赤鉛筆 No.960
コーリン ダーマトグラフ No.1717(1)
コーリン ダーマトグラフ No.1717(2)
ケース入り色鉛筆 No.880
ラメ入り色鉛筆No.3080
アルバム用鉛筆No.730

■キャラクター色鉛筆
怪傑ライオン丸 色鉛筆12色
宇宙家族ロビンソン 色鉛筆 No.880-A
朱通鉛筆No.8660 宇宙家族ロビンソン
小松崎茂さんイラストの色鉛筆No.770-TM

■シャープペンシル関連
(替芯)
ゴールド替芯
シャープ替芯 NEW TOUCH
ゴールド替芯(2)
虹の七色芯(非売品)・JIBシャープおまけ
newGold
(本体)
JIBシャープ・ダブルノック式・ラバーグリップ
JIBシャープ・シングルノック式(1)
JIBシャープ・シングルノック式(2)
JIBシャープ・シングルノック式(3)
COLLEEN MATE・9
SP1020-SC
マイシャープ・回転繰り出し式MP

■消しゴム
消しゴム ブリヂストン ユーラシア シリーズ
クルクル消しゴム P50
F-1消しゴム EB100-1

■鉛筆削り
臙脂色の鉛筆削り No.3000
水色の鉛筆削り No.8000
レーシングカー鉛筆削りNo.2002
『京都文具探訪』にコーリン鉛筆削り掲載
日本初・A.L式鉛筆削り No.6000
電動鉛筆削りNo.35

■その他
テープカッター兼ペンスタンド
高橋真琴さんイラストのメニーカラー No.8000-L
イタリコシリーズ ボールペンBP104-IT
スパイ帳
ペンスタンド状差し
倒産前の新製品
イタリコテープディスペンサー(No.TD12)

<その他>

■コーリン鉛筆訪問記
コーリン鉛筆訪問記(1) 東京銀座・五十音
コーリン鉛筆訪問記(2) お台場編
コーリン鉛筆訪問記(3) 聖地・新小岩編

■雑記
Blog始めました
カタログ(1)
謹賀新年2007 
コーリン鉛筆に関するBlog
MONOマガジンにコーリン鉛筆No.3030掲載
コーリン鉛筆を集めていると言ったら…
鉛筆工場見学~下塗り・印刷・木口切編(1)
鉛筆工場見学~下塗り・印刷・木口切編(2)
鉛筆工場見学~下塗り・印刷・木口切編(3)
鉛筆工場見学~下塗り・印刷・木口切編(4)
黄昏のコーリン鉛筆マーク
鉛筆と色鉛筆と木について コーリン鉛筆No.789から考える
コーリン鉛筆の広告(1) ゴールド芯編
コーリン鉛筆inウィキペディア
コーリン鉛筆の広告(2) CORE他編
コーリン鉛筆 ぷち写真集
コーリン鉛筆番外編・鉛筆を飾ってみよう
『京都文具探訪』にコーリン鉛筆削り掲載
倒産前の新製品
鉛筆工房見学・鉛筆印刷版(1)
鉛筆工房見学・鉛筆印刷版(2)
コーリン鉛筆コレクション展、してみます
IOSTについて
御礼:コーリン色鉛筆カタログ化計画・神戸展
御礼:ISOT2008コーリンブース
コーリン鉛筆の什器・現役で活躍をするのを見るなら
エルマガジンに取材いただきました
コレクション品の貸し出し
明けましておめでとうございます(2009)

■タイ コーリン
タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)
タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(2)
タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(3)
タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(4)
タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(5)&ISOT2007
タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(6)・雑誌/新聞掲載
タイのコーリン鉛筆(COLLEEN)(7)・雑誌掲載

■新生コーリン
コーリン色鉛筆・日本公式サイト
チーク材色鉛筆(1)
チーク材色鉛筆(2)
チーク材色鉛筆(3)
復刻版No.770色鉛筆(1)
復刻版No.770色鉛筆(2)
番外編:「まだある。昭和ナビ」でのコーリン色鉛筆プレゼント企画
コーリン色鉛筆・雑誌掲載-BIZ STYLE-

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2006年11月 »